腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 私の過敏性腸症候群(克服編)

 

私と過敏性腸症候群

私の過敏性腸症候群(克服編)

就職したものの、お腹の弱さからすぐに退職をし、 自暴自棄に陥っていた私ですが、病院に行ったことで自分は”過敏性腸症候群”という病気に 罹っているんだと自覚しました。

 

自分が病気という自覚をしたことは、自分にとってマイナスではなく、 お腹の弱さの原因が判ったということは、解決していけるという道筋ができたということで、 自分にとってはとてもプラスに働きました。

 

しかし、社会人になってしまった私は、働かずに治療に専念するということはできません。 ですので、いつでもトイレに行けそうな事務職を選びました。 これなら、割と自分のペースで仕事をできます。

 

まずは、食事の見直しからはじめ、生活習慣自己暗示などさまざまな手法を組み合わせ、、 自分の体を知っていくという作業をはじめました。お腹の調子も日々記録し、自分の体調と精神状態と相談しながら生活していました。

 

そして現在は自営業ですが、過敏性腸症候群という病気は完治しておりません。 やはり気をつかいながら生活しております。 しかし、電車にも乗れるようになりましたし、旅行も怖くありません。

 

なぜならどうやればお腹の調子を崩すのか、自分で知っているからです。 私は過敏性腸症候群という病とうまく付き合うことで、病を克服したのです!

 

お腹が弱くて悩んでいるのはあなた一人ではありません。 日本中、世界中にたくさん存在しているのです。特に男性が多いです。

 

私は思います。自分のお腹の弱さに負けてはいけません! そんなことで、自分の人生を狂わされては最悪です! 原因をきちんと究明し、うまく付き合っていく方法を見つけて実行すれば、 過敏性腸症候群は必ず良くなる!と私は信じています。

 

しかしこの病気は、個人差が大きく一筋縄ではいきません。 これをやれば絶対治る!というものがないので、自分で原因を解明していくことが非常に大切です。

 

私はお腹の弱さ、過敏性腸症候群に悩む方々を救いたい! 私が克服したように、1人でも多くの人に克服してもらいたい!という一心で、 このサイトを立ち上げました。

 

私は医者でもなければ、心理学者でもありません。 ですので、当サイトが100%ではありませんし、 絶対に治るという保障もありません。(当然責任も負えません)しかし、当サイトを読んでいただくことで、 1人でも多くの人の治療に役立てて欲しいと思っております。

 

長くなりましたが、このページをごあいさつとさせて頂きます。 過敏性腸症候群を克服して、幸せな人生を共に送っていきましょう! 管理人

 

このページの一番上へ>  次のページ→過敏性腸症候群とは

 

私と過敏性腸症候群

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!