腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > たくさん食べてしまったら

 

その他、過敏性腸症候群(IBS)お役立ち情報

たくさん食べてしまったら

必要以上にたくさん食べると、消化不良→下痢や便秘になりやすくなります。消化能力に優れた人はいいですが、特に過敏性腸症候群の人は、消化機能もあまり強くない人が多いように思います。

 

私も胃腸が弱いです。消化能力が普通の人より弱いのは日常生活でよく感じます。しかし私は食べることが大好きなので、どうしても無茶して食べたり飲んだりしてしまうことがあります。

 

みなさんもありますよね。焼肉食べ放題とか居酒屋に行くと、過敏性腸症候群に悪いものばかりですが、ついつい食べすぎてしまいます。

 

でも、私はたまに無茶して食べるくらいはあってもいいと思っています。でないと、ストレス溜まりますもんね(^^;)ただ、後々のケアはしっかりとしましょう!

 

私の場合、たくさん食べ過ぎてしまった翌日は、必ず消化のよいものを食べます。前日の夕食にたくさん食べると、朝になっても消化しきれていないからです。こうすることで、胃腸を休ませることができます。

 

少し物足りないように感じることもありますが、胃腸を休めるいい機会として、積極的に体をケアしています。こういった体を気遣ってやるということが、過敏性腸症候群の人にとって非常に大切です(^^)

 

胃腸を休める日を、積極的につくってやりましょう(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→ビオフェルミンS(整腸剤)

 

その他

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!