腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 便の色と体調

 

その他、過敏性腸症候群(IBS)お役立ち情報

便の色と体調

毎朝便の状態をチェックしていますか?汚いと思われるかもしれませんが、何も汚いことはありません。便というのは、食べたもののカスや死んだ細胞です。元々自分の体の中にあったものなので、汚いという表現はおかしいと勝手に思っています(笑)

 

さて、ここでは便の色と体調の関係について、お話していきたいと思います(^^)

 

黄色:下痢の時に多い便の色です。

黄褐色:少し黄色がかった茶色で、一番いい便です。

茶色や茶褐色:食べ過ぎや飲みすぎて、少し胃腸が弱っています。

赤色が混ざった便:肛門や大腸の一部から出血している可能性があります。

濃褐色:便秘でひさしぶりにでた便や、肉食の人に多い便です。

どす黒い便:食道や胃、十二指腸、小腸などから出血の可能性があります。

 

みなさんどれに当てはまりますでしょうか?常に黄褐色の便がでるようになれば、とても腸内環境は良好ということになります。

 

自分の便の色と相談しながら、黄褐色を目指して、がんばりましょう!

 

このページの一番上へ>  次のページ→便ができるまで

 

その他

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!