腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 規則正しい生活

 

生活習慣の見直し

規則正しい生活

規則正しい生活”という言葉はどこでもよく使われますね。しかし、なぜ規則正しい生活が身体によいのか、深く考えたことはないのではないでしょうか?せっかくですので、少し深く考えてみたいと思います(^^)

 

人間の身体には”時計”があります。それは、睡眠時間、活動時間、食事時間、排便時間という風に、いくつも時計があるのです。

 

これらの時計は、毎日同じ時間に食事をしたり、睡眠をしたりすることによって、時刻を記憶していってくれます。時刻を記憶すると、だんだんその時間に向けて、身体の準備をしてくれるようになります。

 

例えば、睡眠時間。夜11時に眠ることを1ヶ月続けてみてください。夜更かししようと思っても、11時頃には眠たくなるはずです。これが、深夜1時や2時に寝てみたり、はやく寝てみたりバラバラだと、11時には眠たくなりません。

 

身体が時計を記憶してくれることにより、身体のシステムがスムーズになるのです。実は、過敏性腸症候群と密接に関りのある、排便という機能についても身体は時計を持っています。

 

人間の身体というのは、1日の最初に摂る食事により、一番腸のぜんどう運動が活発になります。そのときに排便すれば、通常であれば大丈夫です。しかし過敏性腸症候群の場合は、その排便のリズムが狂ってしまっていますね。

 

まずは、排便の時計を自分の身体に記憶させましょう!そのためには、朝ごはんを食べた後、毎朝必ずトイレに座るという習慣をつけます。朝は時間がないという人でも、必ず5分はトイレに行くことにします。このときでなくても別に構いません。

 

それを続けているうちに、だんだん身体が時計を記憶していきます。すると、朝になってご飯を食べると、排便する習慣がついてきます。こうなればこっちのものですね(^^)朝排便することにより、安心感も生まれてきます。

 

私が思うのは、”規則正しい生活”というのは、身体にあるいくつもの時計を正常にする。そして、身体のシステムをスムーズに動くようにする。ことだと思います。

 

だから、規則正しい生活というのは大事なんですね(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→ストレスをためない

 

生活習慣の見直し

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!