腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 過敏性腸症候群の治療法

 

過敏性腸症候群の治療・対処

過敏性腸症候群の治療法

過敏性腸症候群という病気は、腹痛・下痢などの症状の他に、精神的な不安やストレスを解消しなければ良くなりません。

 

体を治すだけなら、薬を飲んだり手術をしたりすれば治ります。時間が経てば完治もするでしょう。しかし、精神的な疾患を治療するには、個人差もありますし、非常に難しいものがあります。

 

ですので、過敏性腸症候群の治療法は、あなたが受診したお医者さんによって違います。かなり違うという場合もあるでしょう。

 

例えば、お腹が痛くて下痢をしていても、話を聞いてあげて、抗不安薬などを処方するだけで、精神が安定し症状が良くなる場合もあります。

 

逆に、下痢止め、整腸剤などをしっかり処方しながら、食生活の改善をすることでよくなることもあります。

 

過敏性腸症候群を治す完璧なマニュアルは存在しないといえます。

 

ただ一般的には、できるだけ私生活に支障がでないように、鎮痛剤や整腸剤は処方されるでしょう。まずは当面の生活が最優先です。

 

それから、生活習慣の改善、食生活の改善などを行います。後は、様子を見て心理療法や薬物療法などを組み合わせていきます。

 

どういった風に過敏性腸症候群を治療していくかは、主治医の腕にかかっておりますので、信頼できるお医者さんにかかるのが克服への近道です(^^)

 

このページの一番上へ>  次のページ→過敏性腸症候群に用いる薬

 

過敏性腸症候群の治療・対処

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!