腹痛・下痢・過敏性腸症候群(IBS)【TOP】 > 過敏性腸症候群がでやすい場面

 

過敏性腸症候群(IBS)について

過敏性腸症候群がでやすい場面

過敏性腸症候群という病気は、ストレス、プレッシャー、圧迫感など精神的なものが大きく関係してきます。

 

例えば、朝の通勤電車でいつもお腹が痛くなり下痢をする。試験が始まると腹痛が起こる。会議中におならがでそうになる。などの症状です。

 

精神的になんらかのストレスがかかり、そのストレスに腸が過敏に反応してしまい、下痢などを引き起こします。

 

下痢や便秘といった症状は、一般の人でもたまに起こります。腹痛を伴うこともありますが、一過性のものですぐに治ります。

 

ただ、過敏性腸症候群の場合だと、自分にとってストレスのかかる場所や、場面になると慢性的に症状がでてしまいます。

 

よって、過敏性腸症候群がでやすい場面というのは、人によって違い、その人が気づいている、気づいていないに関わらず、精神的にストレスを受けている場所、場面ということになります。

 

このページの一番上へ>  次のページ→過敏性腸症候群になりやすい人

 

過敏性腸症候群について

 

サイトのTOPページへ

私と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群について 過敏性腸症候群の治療・対処 生活習慣の見直し その他 服用薬。私的効果と感想

 

下痢改善プログラム 短期集中講座

    精神論ではなく、下痢の仕組みから、どうやってコントロールしていくかまで、神経性の下痢(IBS)についてわかりやすく解説されています!何をやっても効果が薄い方、ぜひ読んでみてください!今なら3000円のキャッシュバックもついています!